mura632’s blog

自分が学んだ知識や考えをアウトプットする場として使っていきます。

テキストエディタの文字コードについて

お疲れ様です!

 

今日は文字コードでつまずきました! 

DBにデータをインプット、アウトプットするプログラムを作っているときのことです。

 

DBにインポートするファイルがutf-8文字コードで指定になっていました。

しかし、なんどさくらエディタで文字コードを指定して保存しても開き直したらSJIS保存になっているんです...

 

これは①SJISutf-8の判断をエディタができなかったこと、

文字コードの判断材料が原因なのです!

 

まず、①について、全角スペースや全角文字がないテキスト(アルファベットだけ、半角スペースのみなど)であると、SJISUTF-8はほぼ変わらないのです!

 

次に②はエディタ等は上からある程度の行数のみを参考にして文字コードを決めています!

なので、かなり大きなテキストファイルなどではもし前半にUtf-8 と判断する材料がなければ判断的ないのです!

 

これを知っているかどうかで、今後文字コードに惑わされることが少なくなると思います!

kaggle

AI系の仕事をしてみたいと思って入社したけど、
1年何もせずに2年目になっていました…
(これで周りの人と合わなかったら、入る会社間違えただろうなと思う今日この頃…)

ですが!!
やりたい仕事が回ってこないのは自分のスキル不足・自分の売り込み不足!!
本当にやりたいんだったら、自ら物を作ったり、外部の勉強会に出て自分を宣伝するべきだと思ってきました!

そこで今回はkaggleについて紹介です。
kaggleとは、機械学習モデリング、データ分析のコンテストです。
人工知能、AIに興味のある人でテキストは1周したけど、
そこから何をしていいのかわからない・データを探している人には
便利な気がします!(*゚▽゚*)←(自分もほぼやったことない)

でもこういうことから実際にやったのと
テキストを読んだだけなのでは大違いだと思うので、
習慣化していこうかと思います!

【アウトプット大全】を読んでみた2

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全

アウトプット大全、後半読んできました。
後半は前半で学んだアウトプットの方法を活かして
具体的にどのように行動するかが書いてありました。

ブログや人に教えるといったような知識や学びを高めるアウトプットと「笑う」「泣く」といったような感情を表現することについても記してあったのか意外でした。

1、情報をインプットする
2、アウトプットのための行動をする
3、アウトプットに対して反省をする

この3つを繰り返すことが重要だと書いてあります。
例えば、
1、インプット→本を読む(ブログを書くのもアウトプットの一つ)
2、行動→ブログを書く
3、反省
→・本に書いてあったアウトプットの時間制限を忘れてた
 ・構成を考えてからアウトプットするはできていた

といったやり方でやっていくのが良いとかかれていました。
技術系の記事ばかりにしようかと去年は思ってましたが、こういうのも楽しいと思った今日この頃

【アウトプット大全】を読んでみた

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

社会人になってどんどん頭が悪くなってるのがわかってくる。
SEなので、一応頭はつかっているはずなのだが、
単純なことを難しく考えて、もっとシンプルに考えようとすると頭を使わなくなる...
このままだと人として腐りそうだったので自分の知識や学びを高めるにはアウトプットが大切らしいのでこの[アウトプット大全]を読んでみた。

要約すると、
自身の得た知識を整理するためにアウトプットをすることが大切である。
また、自分なりのテンプレートに沿ってアウトプットすることで知恵が整理されるとのことだった。
(このブログもそのため)

個人的にはアウトプットする習慣を身に付ける方法とかを知りたかったので、残念に思っていると後半にありました(゚∀゚ )

まだ読み途中ですが、とりあえず書いてある通りにアウトプットしてみた(^^)
(見切り発車なので、文もまとまらない)

資格を最速で取る方法

ついに配属され、社会人らしさが少しづつ出てきた今日この頃。
金曜日の偉大さを今まで以上に感じてきました笑



…そんなこんなでやらなきゃいけないけど、やりたくないと思っていることが一つあります(´;ω;`)

資格を取ることです


今まで大学時代には
「とっておいたほうが就活のとき有利だ!」
「取る必要はあんまりないんじゃ…笑」

とかずっと思ってました!笑
今でもほとんどの資格に対してそういった気持ちがあります
(ちなみに就活は終えています)


というわけで、
なるべく時間をかけたくない!
そもそもそんなに勉強したくない!
という方にうってつけの方法を教えます(。-∀-)
(自分でメモっておきたいと言うのが本音ですが...笑)



結論から言うと、この方法の要点は2つあります!
1つは目的をもつこと!
2つめ目は勉強法を工夫すること!



■目的を持つ■
目的に関しては興味ないと言う人はこの部分は読み飛ばして大丈夫です

さて、僕の資格に対する思いは上の方で述べたものです
あれを払拭していきます!

ところで僕は何故あんな風に考えてしまったのでしょう。
それは資格に対する情報をもってないからです
資格に対する情報ってなんのこと?って感じですが、つまりはその資格を持ってたらどんな意味があるの?えらい!とか言われるの?
ってことです!

もし、会社の中でもかなりスキルがある人だ!って思われるくらいすごい資格だけど、簡単に取得できたらもちろん頑張りますよね?
みんなから尊敬の眼差しを受けます笑
気持ちいいですね...(*´∀`)笑

つまり!ここで言いたかったのは『難しいとか大変とか考える前に取ったらどんな利点があるのかを知ろう!』と言うことが言いたかったのです!
なぜなら、このあとに簡単に資格をとる方法を伝えるから難易度なんて関係ないのです(。-∀-)(笑)



■勉強法■
ついに来ました!この記事を見つけて気になるのはここからですね笑

ではまず結論から。この2ステップです。
1.解説書一読
2.過去問解く
※特に過去問をえげつないほど何周もすること!

...(°▽°)
当然のことを言っています...(°▽°)笑

ですが、これが一番早くて、勉強量も一番少ない方法で、一番受かりやすい方法なのです!

その理由を説明します!これを知っておけば遠回りせずに最短で勉強できます!知ってるか知らないかで意志のふらつきがなくなります!

まず、資格を取得できればそれでいいと言う場合なのであれば、問題を解ければいいのです!
問題を解くときには理解が必要です!
ただ、その理解にも深い理解と浅い理解があるのです。

深い理解とは他にも応用できる理解です。
例えば、英単語を単語帳で覚えて長文でその英単語が出てきたときに理解できること。

浅い理解とは他には応用できない理解です。
例えば、英単語を単語帳で覚えたが、長文では理解できないこと。ただし、単語帳で問題を出されれば解答できる。


これを資格試験にも応用します。
どういうことか、先の2ステップを深く解説していきます。

1.解説書一読は過去問の問題文の意味をほんの少しだけ理解できるようにするため。
2.過去問解くは浅い理解をするため。

実際の試験でもほぼ過去問どおり問題は出てきます。
その問題の形式を体に叩き込めば深い理解をする必要がなくなるのです!

だからこそ過去問は何周もするのです!
解説書→過去問の流れを確実にしてください。
他の問題集をやっていてもきりがありません。
むしろ間違えまくって自信をどんどんなくしてしまいます。




これが僕なりの最短での勉強法です。
問題が簡単であろうとなかろうとめんどくさいのは一緒です。
できるだけ最短で資格を取得していきましょう!

デザインパターンの必要性

久々のブログです...(*´∀`)
今年は風邪引かないな~って思ってたらここ1ヶ月何度も風邪引いてやばいです(/´△`\)

学生から社会人になってプログラミングの勉強をするときにたくさん学んできました(^^)

特に感動したのがGoFの23パターン!
これはもっと早くから知っていたかったですね...(*´∀`)
人によっては、「こんなの勉強するよりも具体的な技術やった方がええわ」とか「これがなんの役にたつんや」とか言ってる人もいるかと思います...(/´△`\)ナキソウ

しかし!
アプリ系、インフラ系と同じSEでもさまざまな分野がある中、プログラミングを少しでもやるなら知っておいた方がいいと思います!



なぜなら、
★学生時よりも自分の書いたコードを人に見てもらう機会が増えるから★
です!



今までプログラムは動けばいいという考えだったり、自分がコードを読んだときに理解できればいいと思っていました...(°▽°)

しかし!
そのコードで評価されるんですよ!
アルゴリズムも見られますが、そのコードが綺麗かどうか!変数名がわかりやすいのか!

例えば、、、
対戦ゲームのプログラムの中で値が1なら勝ち、0なら引き分け、-1なら負けって条件文があったとします。

パッとそのコードの条件文を読んだときに「1ってなんだ?」って必ず思うと思います。

しかし!例えば(定数)WIN=1,LOSE=-1と定義して、
その条件文のなかで1や-1ではなく、WIN、LOSEと書いてあったら一目瞭然だと思います!
このように少しの見やすさの工夫が出来るかできないかでかなり評価は変わります!

少しデザインパターンとはずれてしまいましたが、
人から見られることを意識しながらコードを書くのをおすすめします!
そういった工夫が乗ってるのがデザインパターンです!
なので是非ともデザインパターンを勉強しましょう(。-∀-)!

[函館に行ったら食べて欲しいもの]top4

1位 海鮮丼

やっぱり北海道といったら海鮮ですよね!
食べてみてほんとに美味しかったです!
チャムという店で海鮮丼を頼んだんですが、おまけで小皿に6種類くらいのお通し?みたいなのたくさんくれました!
満腹になる上に本当に美味しくて満足でした(^O^)

ちなみに今の時期だとごっこ汁という料理もプラスして食べて欲しいです(^O^)

ちなみにごっことは魚のことなのですが、お土産屋さんでたくさんぬいぐるみがあってかわいかったです笑

youtuberのとみっくさんが一度捌いてました~

2位 塩ラーメン

次はあじさいというラーメン屋さんで塩ラーメンを食べたらまじで美味しかった話します

雪が吹雪いてきてお腹も減ってもうダメだと思うくらいやばい時に見つけたラーメンでした笑
関東の塩ラーメンと違ってしょっぱすぎず、いくらでも食べれるようなものでした!
しかもあの寒い中食べるラーメンは本当に最高でしたよ~!おすすめです!


3位 ラッキーピエロ

ラッキーピエロというのは美味しいハンバーガー屋さんです!
ハンバーガー以外にもたくさんあるので一概にハンバーガー屋さんと言っていいのかわかりませんが…笑
ラッキーピエロで人気No.1のバーガーをポテトと烏龍茶がついたセットで頼んだのですがポテトもミートソースをかけてその上にチーズを乗せたもので本当に美味しかったです!

ちなみに僕はよくわかりませんでしたが、

本物の烏龍茶

が飲めるらしいです!笑

4位 いかめし

お土産屋さんでいかめしを買って食べてみました!
中がもち米で美味しかったです!
正直自分で買う分以外にもお土産として買って帰ればよかったなって軽く後悔してます(;_;)笑
じゃがぽっくるもいいですが是非ともいかめしを買ってみてください!




本当はもっとおすすめできるところがたくさんあるのですが、、、景色だったり、赤レンガだったり、ちなみにお酒も美味しかったです笑
食べ物だけでもたくさん語れてしまいそうだったので今回はここでおしまいですヽ(´▽`)/笑


ぜひ一度函館に行ってみてください!